2006年4月 9日 (日)

ラーメン紀行

やっぱラーメン!!

今年に入ってから、なぜか今さらラーメンにハマってしまい、毎週のように新潟のうまいラーメンを食べ歩いております。

こまどり、吉相、八珍亭、侍ラーメン、いこい食堂、白龍、ことぶき・・・新潟ってスゴイ。

食べ歩いていて気付いたのは、わたくし「脂」が大好きってこと!燕三条系に代表される、背脂がたっぷりと入ったこってりラーメンが妙に口に合うのです。

ってことで、今日行ってきたのはその背脂系の代表格とも言える燕市の「杭州飯店」。混雑を避けるつもりで、お昼少し前の11時半頃行ったのですが、もうすでにお客さんでいっぱい!!「相席でお願いねっ!」と言われ肩を寄せ合い、ちんまりと座る。わたくしが注文したのは、チャーシューメンと餃子。これがもう見てビックリ!!わたくしの大好きな「脂」さんたちが、大集合。麺は太くてコシがあり、食べ応え満点。そして不思議だったのは、脂たっぷり、スープも濃い目だったのに、なぜか全然しつこさがなく、最後まで美味しくいただけたこと。餃子も、揚げ餃子?でかなり大きめ。しかも、「ワン餃子」「ハーフ餃子」など、お好みの個数を提供してくれるのが女性にはうれしいところ。評価★★★★★

そして、きのう行ったのは、新潟市青山のジャスコ2階にある「天心坊」。実家が近いこともあり、もう10年以上通ってます。わたくしがいつも注文するのは、「みそコーンチャーシュー withバター」!!ココに、七味をたっぷりかけてズルズルと豪快にいただきます。もう慣れ親しんだ味なので、文句なく美味しい。野菜もたっぷり入ってます。ただ・・・ラーメンにしては、ちょっぴりお値段が張るかしら・・・と貧乏なわたくしは思ってしまうのです。とは言っても、千円札を出せば、ほんの少しお釣りが来ますが。評価★★★★

ラーメン話は尽きませんね・・・。

近いうちにやっつけたいのが、長岡の「いち井」というお店。塩ラーメンが美味しいらしい。

新潟は奥が深いですよ。

ブログでは、打倒!○鍋○をり!

ラーメンでは、打倒!ラーメン王・石神!

月刊Komachiのラーメン特集ページを乗っ取ってやる!

ラーメン食べて闘志を燃やす松本でした。今日は番組で、食に関する記事について話そうかな・・・。

| | コメント (15) | トラックバック (2)

2006年4月 5日 (水)

一杯のスープ

金のないときは、お茶漬けの素をお湯に溶かして飲んでいる(マジバナ)くらい

ひもじい食生活には定評のある松本です。ご飯にマヨネーズなんて贅沢です。

そうそう、冷やし中華にマヨネーズは美味しいですよね。スープの酸味を

マヨネーズがマイルドにしてくれるのです。コンビニでも、最近は冷やし中華に

マヨネーズを添えて売るようになりましたが、松本家では、昔から

「冷やし中華+マヨネーズ」の素晴らしきハーモニーを味わっていました。

と言っても、マヨ中華を好んでいたのはわたくしと父親だけで、調理師の

免許を持つ母は、そんなわたくしと父に顔をしかめていましたが・・・・。Choder_1

                                                    

さて画像は、そのマヨ中華!・・・ではありません。これ、スープなんです。

東京に来て、わたくしが昼食代わりによく食べるようになったのがスープ。

「飲む」じゃなくて「食べる」なんです。東京では、駅ナカ(構内)や街でスープ専門店をよく見かけます。コンセプトはズバリ「食べるスープ」。

「食べる」と言うだけあって、とにかくトマトや野菜、チキンや魚貝などの具がゴロゴロ入っているものが多く、お腹を満たしてくれます。

1杯、500円前後。特に空腹のときはラージサイズをオーダーして、ライスをプラス、お手軽リゾットにしていただきます。これがメチャうま!!!!!

わたくしは、さらにパルメザンチーズとタバスコをたっぷりかけて濃厚にするのが大好き。

お昼時は、忙しいビジネスマンやOLさんたちで賑わっています。この間ビックリしたのは、わたくしがスープを食べている隣の席で、バイトの面接が行われていたこと。いや、別にそのスープ店の面接なら驚かないのですが、

違うんです・・・聞き耳を立てたら・・・風俗店の面接らしく、いかにもな男と

いかにもなギャルがスプーンをせわしなく動かしながら、仕事内容の説明等していたわけです・・・・

東京ってスゴイかも・・・と思った瞬間。

たかがスープ、されどスープ。

一杯に500~600円なんて高いと感じることもあるけれど、こうして人様の人生劇場を垣間見ることができると思えば、それも致し方ないと納得してしまう、好奇心旺盛なわたくしなのでありました。

え?スカウト?

・・・・・・・・されませんでしたが、何か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)